クリニック設備

クリニック設備

待合スペース

待合スペース

Room A(診察室)

Room A(診察室)

Room B(処置室1前)

Room B(処置室1前)

Room B(処置室1)

Room B(処置室1)

Room C(処置室2)

Room C(処置室2)

X-Ray Room

X-Ray Room

Powder Room

Powder Room

待合スペース Room A(診察室) Room B(処置室1前) Room B(処置室1) Room C(処置室2) X-Ray Room Powder Room

導入機器

DEXA全身用骨密度測定装置(GE:PRODIGY Fuga-C)

DEXA全身用骨密度測定装置(GE:PRODIGY Fuga-C)

当クリニックでは、早期の骨粗しょう症診断を目的として最新の全身用X線骨密度測定装置 米国GE社製 PRODIGY FUGA-Cを導入しました。
骨粗鬆症による骨折がおこりやすい部位を直接はかれることもあり、骨粗鬆症の予防と治療ガイドラインでもDEXAによる全身用骨密度測定が推奨されています。
骨密度の測定には、非常に低エネルギーのX線を使います。従来の機械では、10分程度かかりましたが、こちらでは4~5分程度で測定は終わります。痛みなどはありません。
測定した結果はすぐに出ますので当日お渡しいたします。
結果については医師から説明いたします。

パワープレート

パワープレート
重力に逆らうことで理想のカラダを目指す革新的エクササイズ

Power Plate®の始まりは、1999年にオランダのオリンピックトレーナーが、宇宙飛行士の全身振動トレーニングに着目し、これをトップアスリートのトレーニングに応用したことが始まりです。
宇宙での任務を終え地上に帰還した宇宙飛行士は、身体のコンディションが著しく低下してしまいます。
身体の状態を正常に保つためには、重力と地面からの力を受けていることが重要で、その刺激を失うと身体のコンディションは急速に低下して行きます。
このように全身振動トレーニングは、宇宙飛行士の身体を快復させるために開発されました。

Power Plate®独自のテクノロジー「3次元ハーモニック振動®」は、1秒間に25〜50回の高速振動で、あらゆる方向から全身の細部に負荷をかけ、短時間で効率的なエクササイズをすることが可能です。
今日、世界のトップアスリートをはじめ、エグゼクティブやセレブリティも愛用しているPower Plate®。日本でもJリーグの数多くのチーム、テニスプレーヤー、プロ野球選手が使用。さらに医療関連、リハビリや産後のボディメイク、高齢者施設、日常的な健康維持を目的とした一般ユーザー、あるいは身体バランスを整えたい方などに幅広く使用されています。

パワープレート®独自のサイエンス・テクノロジー、3次元ハーモニック振動

Power Plate®の3次元ハーモニック振動®は1秒間に25〜50回の高速振動で、上下・左右・前後あらゆる方向から正確な振動を同時に発生させ、全身の細部に負荷をかけることができます。
自然なバランスが崩れるため、身体は元の状態に戻そうとして多数の筋肉が刺激されます。
この反射的反応を利用し、プレートの上で1回30秒を1セット・1日10〜15分の短時間エクササイズは、ジムでの約1時間分と同じ運動効果を期待することができます。

プライベートトレーニングプログラムを行っております。筋トレ・ダイエット・リラクゼーションなど、ご希望に合わせてプログラムを作成いたします。お気軽にお問い合わせください。

ジェネシス

フォトブライト(IPL)

QスイッチYAGレーザー

VISIA

VISIAは、肌画像診断装置です。
カラー写真とUV写真の撮影ができ、「シミ」「シワ」「毛穴」「色ムラ」「ポルフィリン」「隠れジミ」「メラニンインデックス」「ヘモグロビンインデックス」の解析ができます。
3次元ポジションマッチング機能と同一照明の効果で、撮影ポジションのずれによる解析誤差や、前後写真の色調の違いを防止し、圧倒的な再現性を実現します。
解析結果は同年代の平均値と比較でき、レポート作成も可能です。