治療別診療

ジェネシス(美肌レーザー治療)

ジェネシス01ジェネシス02

暖かい光のシャワーを浴びる感覚で、健康的なハリのあるみずみずしいお肌を実感していただけます。
お化粧ののりがよくなり、保湿効果も期待できます。

ロングパルスNd:YAGレーザーを皮膚から離して中空照射し、真皮乳頭層を加熱、 コラーゲンの増生を促し、肌のキメ、ハリを改善させます。(陥凹したニキビ跡の改善も可能です。)
さらに真皮乳頭層の微小血管も加熱収縮させ、赤ら顔の改善も可能です。

ジェネシスの特徴

  • ノーダウンタイム治療です。
  • 紫斑形成を起こしません。
  • 患者様に疼痛なく、快適に治療を受けていただけます。
  • 安全性の高い治療です。

ジェネシスの効果

  • 肌質の改善(お肌のキメとハリの改善)
  • くすみ・目のクマ
  • うぶげ処理(お化粧のりの改善)
  • 毛穴の開き
  • 小ジワ
  • 赤ら顔・毛細血管拡張治療(老人性血管腫:スポット治療)
  • 引締め効果
  • 保湿効果
  • ニキビ・陥凹したニキビ跡の改善

フォトブライト(IPL)

フォトブライトはIPLが搭載された、CUTERAという医療機器メーカーの製品を使って行う光治療のことです。
IPLとは、インテンス・パルス・ライトの略で、有害な紫外線のカットされた、幅広い波長を持つ、やさしい光です。
そのため照射後のダウンタイムが無く、直後からメイクも可能です。

IPLは沈着したメラニン色素にダメージを与えるので、フォトブライトは、しみ、そばかす、くすみに対する効果が最も高く、しみ、そばかすなどがボロボロと剥がれ落ちて薄くなります。
またIPLは赤に反応し、赤みを薄くするので、赤ら顔や赤いにきび跡にも効果的です。
さらにIPLは皮膚を活性化し、肌のハリを保つのに必要なコラーゲンを増やします。
これにより肌の質感が良くなり、細かいしわや毛穴の開きまでを改善します。
あらゆる皮膚トラブルを改善する治療法と言えます。

当クリニックでは、患者様のお肌の状態や、肌トラブルの深さに合わせたオーダーメイドの治療が可能です。

QスイッチYAGレーザーによる「しみの改善」

医療用QスイッチYAGレーザーは、様々な肌トラブルに対応する治療法です。
シミ・そばかす・毛穴開き・黒ずみ・毛穴縮小はもちろん、これまでレーザー治療が禁忌とされてきた肝斑(かんぱん)治療をも可能としました。
当クリニックで使用する医療用QスイッチYAGレーザーは、世界で高い評価と実績を兼ね備えた「my-Q Dual」を採用しております。
安心で安全な治療が受けられる高性能レーザー機器です。
老人性色素斑などのしみ治療の際は、塗る麻酔薬を使用しますので、ほとんど痛みを感じることはありません。
治療後は、照射部位を保護するシートを約7~10日間使用します。
しみの除去後、薄くなった部位に紫外線などの刺激が加わると再発の原因となりますのでご注意ください。

レーザートーニング

my-QDualmy-QDual

レーザートーニングは、従来、困難とされてきた肝斑等の根深いシミの改善を可能にし、弱い出力で均一に照射するレーザーによりシミの原因となるメラノサイトを活性化させずに、徐々に肝斑やしみを薄くします。
また、肝斑を含むシミ以外にも、色素沈着・くすみ・開いた毛穴などに効果的です。
治療中は、輪ゴムで弾かれるようなパチパチとした刺激がある程度で、出血の心配もありません。
治療回数を重ねる毎に、皮膚深部(真皮上層)にまでレーザー光線が届き、コラーゲンの生成を促しますので、透明感・ハリ感のあるキメの整ったお肌へと導きます。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚の表面に酸性の薬剤を塗布して、古くなった角質や毛穴に詰まっている老廃物などを溶かして除去する治療法で、お肌のターンオーバー(皮膚の新陳代謝)を正常にします。
現代女性の多くは紫外線、ストレス、加齢などが原因でターンオーバーが崩れ、にきびやくすみなど、いろいろな肌トラブルをかかえています。
薬剤で古い角質をはがすケミカルピーリングでターンオーバーを整えると、肌の弾力を保つヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどが生成されやすくなり、しみをはじめ、くすみ、にきび、小じわなど、様々なお肌の悩みが改善するとともに、きめが整い、透明感が出ることで、お肌が白く見えるようになります。
当クリニックでは、サリチル酸によるピーリングトリクロロ酢酸によるマッサージピール(PRX-T33)を行っております。
サリチル酸は、硬くなった角質を柔らかくしながら溶かしていきますので、しみの解消に効果的で、毛穴に詰まった皮脂も溶かすため、にきびの治療にも適しています。
マッサージピールは、PRX-T33という特別な薬剤を使ったケミカルピーリング治療で、主成分はトリクロロ酢酸(TCA)と過酸化水素です。
TCAは、濃度によっては、真皮深層まで浸透する比較的強いディープピーリング剤として有名ですが、PRX-T33は、このTCAと低濃度の過酸化水素を特許処方することにより、皮膚表面での強い剥離作用(ピーリング)を起こすことなく、相互作用により強力な生物刺激剤となりお肌のアンチエイジング効果を発揮します。
PRX-T33の一番のターゲットは、真皮層のコラーゲン増生です。炎症を起こしたり、ダメージを与えるのとは別の方法で、真皮層の線維芽細胞を刺激し、新しいコラーゲンの生成を促します。
ダウンタイムやリスクを限りなく少なくしながら、通常の表層のケミカルピーリングでは成し得ない、お肌の奥深くのハリ感をもたらします。

ボトックス注射

ボトックス(ボツリヌス毒素)は、ボツリヌス菌が産生する毒素で、筋肉の働きを抑える作用があります。
この作用が、「表情じわ」のような筋肉によって起こるしわを目立たなくさせることから美容の世界においても広く利用されるようになりました。

眉間や額、目じりなどのしわの周囲にボトックスを注入することで、しわを取り除いたり、浅くしたりすることができます。
また、ボトックス注射注入を行った部分の皮膚は細胞の活性化が高まり、お肌全体がツヤツヤとして張りを取り戻します。
こうして表情じわだけでなく小じわ(ちりめんじわ)や毛穴の開きなども改善され、若々しいお肌がよみがえります。

ボトックスの効果は個人差がありますが、約3〜6ヶ月間持続します。

治療にかかる時間は10分前後です。
ダウンタイムが無く治療後はすぐにご帰宅になれます。顔の腫れもほとんど生じません。
稀に小さな内出血を伴うことがありますが、お化粧で簡単に隠せる程度のものです。

なお、表情によってできるしわではなく、加齢によって皮膚のコラーゲンが減少することでおきてくる「皮膚のたるみ」によるしわに対してはヒアルロン酸注入がお勧めです。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸は、生体内活性物質で誰にでも自然に存在するものですが、サプリメントではヒアルロン酸の体内保有量が増えることはなく、化粧品も肌のうるおいを保つのに一時的な効果しかありません。
人体にきわめて安全なヒアルロン酸を気になる部分に注入することで、皮膚を膨らませ、しわを改善することができる治療です。

ヒアルロン酸は、整形外科の分野では関節内注射として長い歴史を持ち広く行われています。
ヒアルロン酸を関節内に注射することにより、加齢などにより減少したヒアルロン酸を直接補い、さらに関節でのヒアルロン酸の産生能を高めたり、痛みや炎症を抑えたりする効果が期待できます。
関節内へのヒアルロン酸注入は保険診療となります。

HARG®療法

HARG療法は医療機関で行う毛髪再生治療です。
成長因子を頭皮に直接注入することにより毛根に確実に届け、毛周期サイクルを正常化させて元気な毛髪を再生させます。
女性の薄毛に対する治療法はほとんど選択肢がありませんが、HARG療法は世界で唯一の女性の薄毛に対する「発毛」を目的とした治療法です。

HARG療法で使用するAAPE製剤

HARG療法ではAAPE Powderという、ヒト脂肪幹細胞培養中の上清液を凍結乾燥した生理活性タンパク質製剤を使用します。
脂肪幹細胞から抽出されたタンパク質(プロテイン)を主成分としており、このプロテインは、ガンマ線滅菌処理を行っているため、生成過程においても安全性が確認されています。
国内およそ3万例以上の適応患者において、感染・アレルギーの発生報告はありません。(2017年8月末時点)

※これまでいろいろな育毛剤や薄毛改善治療を試してみたけれど効果がなかった、という方は是非ご相談ください。当院は日本医療毛髪再生研究会のHARG療法認定施設です。

その他

プラセンタ注射

「プラセンタ」とは“胎盤”のことです。胎児を保護し、健やかに成長させるために妊娠中につくられる生命の源とも言える臓器であり、出産と同時にその役目を終えて体外に排出されます。
そのためプラセンタには、受精卵1個をたったの10ヶ月程度で平均3kgにまで育て上げるのに必要な栄養素(ヒアルロン酸、コラーゲン、各種必須アミノ酸、たんぱく質)と成長因子(胎児が子宮の中で驚異的とも言える成長を遂げるために必要とされる成分)が含まれています。
そんなプラセンタは、体内環境を調整する作用をもち、組織を本来あるべき状態に修復・再生しようとする大きな力を発揮します。
もともとは肝機能改善薬として認可された注射薬ですが、アンチエイジング(老化防止)に役立ち、若返り効果や美肌作用があり、また更年期障害を緩和する作用もあるため、多くの女性の治療に取り入れられています。
プラセンタ療法は、サプリメントなどに比べて遥かに即効性に優れています。
ご希望の方には、最適な用法・用量を慎重に検討したうえで投与いたします。
更年期障害の方は保険適応となる場合がありますので、ご相談ください。

にんにく注射

ビタミンB1を主成分とした水溶性ビタミンを静脈に直接注射するもので、注入すると鼻ににんにくのような硫黄の匂いが広がることからこのようにも呼ばれています。
スポーツ選手などに利用者が多いこのにんにく注射は、疲れやだるさ、倦怠感を早く回復させたい方にとって、たいへん有効です。
ビタミンB1は、体内でエネルギーを産生するために、また疲労物質を除去するためにも不可欠ですので、その不足が起こると、全身倦怠感、食欲不振、皮膚トラブルなど、様々な障害が現れやすくなります。
ビタミンB1は食事やサプリメントでもある程度は補うことができますが、症状が強い場合や早い効き目を期待する場合は、注射による補充がより効果的です。
疲労回復、筋肉痛、肩こり、冷え症、腰痛、関節痛、ニキビ、肌荒れ、口内炎、二日酔い、夏バテの改善などには、特に即効性があります。
疲労感の強い時や体力を回復してリフレッシュしたい時、病み上がり、夏バテで食欲の無い時、元気に仕事をしたい時などにお勧めです。

高濃度ビタミンC点滴

高濃度のビタミンCを静脈へ投与することで、生物学的に強力な抗酸化作用が期待できます。
サプリメントやドリンクなどで摂取するビタミンCの10~50倍を血液に取り込んで、抗ストレス効果、抗酸化効果やアンチエイジング効果が得られます。
また、抗がん剤治療中の補完療法として、標準治療の効果増強や抗がん剤による副作用の軽減も期待できますのでご相談ください。
ただし、甲状腺機能亢進症とG6PD欠損症という貧血の遺伝病の方、妊娠中の方については、禁忌となりますので注意が必要です。
当院ではG6PD欠損症についての事前の採血を行なっていただいております。