リハビリテーション

女性のための運動器リハビリテーション

女性のための運動器リハビリテーション

『運動器』とは骨・関節・筋肉・神経などの身体を支えたり動かしたりする組織・器官の総称です。 『運動器』の主な疾患としては、骨折、変形性関節症、腰痛や肩こり、首の痛み、スポーツ障害などがありますが、それらは仕事や日常生活、スポーツを困難にし、私たちの生活の質(QOL)を低下させる大きな一因となります。


『運動器リハビリテーション』とは医師の指示のもと、運動器疾患を持つ人々に対して、理学療法士が運動療法(ストレッチや筋力強化など)や物理療法(機械を使った除痛処置)、装具療法などを用いて、身体の機能や生活、就労上、スポーツ上の問題等の改善を図っていくものです。


理学療法士はPhysical Therapist(フィジカル セラピスト)と呼ばれる動作の専門家です。寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の他、各職業で必要な動作やスポーツ動作にいたるまで、その状態を分析します。身体の状況や動作の分析、または生活状況や社会的観点からの分析をして、患者様の痛みや動作時の困難に対する治療のポイントを洗い出し、患者様それぞれの治療目標に応じて治療プランを立案、施術していきます。


女性の運動器疾患を専門とするゆりクリニック

特に「女性のための整形外科」として女性の運動器疾患を専門とするゆりクリニックでは、ホルモンバランスの影響や栄養不足、骨粗しょう症などで女性特有の運動器の障害をきたした女性たちに、それらの症状をきめ細かく診察し、ひとりひとりにあった治療プランをご提案します。


またスポーツにおける障害においては、スポーツの現場に戻れるようフォローしていきます。スポーツ独特の動作や環境など、問診や評価から分析をして、現場に戻ってスポーツが楽しめるようにすることから、その後のけが予防まで患者様自らができるようにすることを理想の治療目標として施術していきます。

運動器リハビリテーションの流れ

運動器リハビリテーションの流れ

  1. 整形外科での診察→リハビリテーションの指示(処方箋)
  2. 理学療法士による問診(同日に空きがあればその日に施術を受けられます)
    診察での情報を基に症状の原因をさらに細かく検索していきます。
  3. 検査
    関節の可動性や、筋肉の柔軟性や筋力、痛みの発生部位などを細かく検査し症状についてご説明いたします。
  4. 治療
    検査結果をもとに徒手療法で硬さの生じている筋肉や関節の動きを改善し、運動療法で筋力の強化や、身体に負担をかけない動き方を指導いたします。
  5. 再検査・今後の方針の説明
    治療後は効果判定の検査を行います。
    痛みや身体の動きに改善があった場合は、ご自宅でも行えるセルフケアの方法をお伝えするとともに、今後のリハビリの方針をご説明いたします。
  6. 次回のご予約
    担当理学療法士が次回のご予約をお取りいたします。

対象となる症状

  • 寝違えて首が痛い
  • 肩が痛くて上がらない
  • 立ち仕事をしていると腰が痛む
  • 膝が痛くて歩けない
  • 足首を捻った
  • ⾜腰が衰えて転びやすくなった
  • 手足がしびれる
  • 関節の動きが悪い
  • 怪我でスポーツに復帰できない
  • 手術をしたがまだ思うように動けない など

よくある質問

時間はどのくらいかかりますか
1単位20分と定められており、2単位40分を基本として行います。症状によっては理学療法士の判断により1単位20分となる場合もあります。
予約は必要ですか?
完全予約制となっております。整形外科受診の際にご予約をお取りいたします。次回のご予約はリハビリ終了後に理学療法士がお取りいたします。キャンセルの場合には事前に必ずご連絡をお願いいたします。
リハビリには何回くらいの通院が必要ですか?
おひとりおひとり症状が異なるため明確な回数は提示できません。身体状況に応じて理学療法士がお伝えいたします。学校や仕事などでなかなか通えない方は自宅でのエクササイズを中心に指導させていただくこともあります。
※リハビリを実施する期間は、基本的にリハビリの開始日から最長で150日間までと定められております。その後の継続については、ご希望により自費のリハビリをご案内することが可能です。
リハビリの費用はどのくらいですか?
2021年12月までは、保険診療で1割負担の方は170円、3割負担の方で510円です(別途再診料がかかります)。2022年1月より施設基準が変更となるため、費用が変更となる予定です。
他の病院で手術を受けましたが、引き続きリハビリを受けることはできますか?
可能な場合がほとんどです。診察を受けていただき判断いたします。受診の際には診療情報提供書をお持ちいただくと診察がスムーズです。